• 水道管を改修している男性
  • その原因

    下着姿

    女性とは、必ず「生理」がくるものです。その際、多くの女性がナプキンを使用します。ナプキンには種類があり、大きく分けて「紙ナプキン」と「布ナプキン」の二つの種類が存在していますが、手軽に使える紙ナプキンを使用する方が多く見られるのではないでしょうか。紙ナプキンとは、布ナプキンと違い洗わずに使い捨てで使用しますので、使用済みのナプキンを洗って乾かし、再度使用するといった手間や時間を省くことができます。しかしながら、紙ナプキンを使用する方の多くが「かぶれ」に悩みを抱えており、生理がくるたびにブルーな気分になってしまう方も多いのではないでしょうか。

    紙ナプキンを使用することでかぶれてしまう主な原因とは、「蒸れ」や「肌にあわないこと」があげられます。紙ナプキンとは、布ナプキンに比べ経血の吸収性には優れていますが、水分を蒸発させる働きはあまりよくありません。吸収性がよく、経血が漏れないように作られている代わりに、蒸れが生じやすいのです。その蒸れが原因で、デリケートゾーンの肌がかぶれてしまうのです。
    また、紙ナプキンとは、高分子ポリマーなど多くの化学物質が使用されているため、それがもともと肌に合わない方もたくさんいます。デリケートゾーンとは、体の中でもっとも毒素を吸収しやすい部分でもあることから、体に合わないものを吸収してしまい、それが原因でかぶれが生じてしまうケースもよくあるのです。
    これらが、主な「かぶれ」の原因となっています。